1. トップページ
  2. 査定UPの裏技

査定金額を上げるためのコツ

家電製品のポイント


その1 年式が新しいのもが高値が付きます。

年式が新しいものが高値になります

電化製品の査定において最も重要なポイントといってもよいでしょう。
ほとんどの電化製品には製造年が記載されており、何年経過した物なのか一目瞭然です。
なのでいくら口頭で使用年数を言ってもごまかしがききません。
先にも述べましたが電化製品において製造年が査定においてとても重要な判断基準になります。
その為、使用するかどうかあいまいな物、引っ越し等で手放す予定の物は年数経過で価値が下がってしまう前に売ってしまうことをお勧めします。


その2 きれいにする

なるべくキレイにしておく

当然のことですが見た目がきれいなほうが査定金額が付きやすいです。
なぜなら、店頭販売の際にクリーニングに手間がかかってしまうと判断されたり、隠れている傷などがあると販売価格が下がってしまう、結果的に買取金額も下げざるを得ないからです。
結構使用年数がたった商品でも、きれいに見えて査定金額がアップなんてこともよくあります。
軽くでもいいので、ほこりや汚れなどはできれば取っていたほうがよいでしょう。


その3 付属の物をそろえておく

年式が新しいものが高値になります

電化製品には色々な付属品があります。
その中でも特にリモコンは絶対に必要な物です。リモコンが無いと使えない物も結構ありますからね。
リモコンをメーカーなどに注文すると2~3000円はかかってしまうためその分、査定金額から引かないといけません。
せっかくの高額査定もこれでは意味がありません。
リモコンの他にも取扱説明書や箱などあると査定基準が上がることもありますので、取っておきましょう。


家具のポイント

見た目が1番

家具の買い取りにおいて1番重要なことですが、見た目が判断の基準になります。
シールや画鋲などの傷が付いていると査定金額が下がってしまいます。
その為なるべくシールや画鋲は貼ったり刺さないようにしましょう。


ベッドの場合

実はベッドが買取の中で1番査定が厳しい物なんです。
マットレスにしみや汚れが少しでもあると買取引き取りが出来なくなってしまいます。
やはり汚れやシミがあるベッドは売り切れないのです。汚れたマットレスに眠るのは気持ちがいい物ではないからです。


綺麗に使って高値で売ろう

家具も電化製品も見た目にへこみや傷などが見えてしまうとそれだけで査定金額が下がってしまいます。
日常から綺麗に使って売るときに高値で売りましょう。


今すぐお問い合わせ下さい!出張査定無料です!